スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軍神のきたみち

  • 2014/04/01(火) 20:51:06

菊池市から南にくだると、御船町に至ります。途中ハンガーノックになりかけましたが、ポン菓子煎餅の塩気が絶大な効果を発揮し、危機を脱しました。
御船の恐竜

御船は恐竜の骨が出たとかで、恐竜をテーマに町おこしを考えているようです。この四月一日には恐竜公園もできるようで、道沿いなんかにも恐竜化石や復元模型が。同じく化石の町、山口県美祢市のひそみに習っているのでしょうか?
この町にある御船高校は、戦前に菊池氏とともに肥後の生んだ軍神とされた、あの人の母校でした。
そう、西住小次郎戦車長。西住殿のモデルになった人です。西住は隣町の甲佐町の生まれでしたが、この御船高校(旧制御船中学)まで通っていました。彼が中国で戦死して軍神となったあと、御船中学との関係を書いた本も出ています。
それによると、西住は甲佐から御船中学まで電車で毎日通っていたそうです。ただ、学校の寒稽古があるときは朝早く家をでて、駆け足で学校まできたとか。当時の同級生は「感服を通り越して驚いてしまった」そうです。はたしてどれくらいかかるのか?自転車で試してみました。
御船高校の側には国道が通っていまして、それを進むと川があります。渡れば前にトンネルが。
それを抜けるとすぐ甲佐が見えてきます。早いようですが、このトンネルは開通が戦後であり、西住が通った頃は別ルートだったと思われます。(先の同級生の言葉にも「途中山を越えて」とあるのはこの山でしょうか?)
甲佐の境を抜けても、しばらくは川沿いの下り坂。そこから甲佐高校をすぎ、田んぼの間を抜けていきます。春先の今は気持ちいいですが、冬に歩くのは大変そうです。
町役場につきました。次は西住殿の像を探します。町のホームページには一応名所として載っていますが、「役場から北西500メートル」とかいうざっくりした案内ぶり。役場から見てもそっちは住宅地なんですが・・・
そう思いつつ、磁石を頼りに北西向いてパンツァーフォー。確かに宅地の向こうには田んぼがありますが、どっかに目印とか・・・
あれは…


あっ・・・(察し)


菊池武重の墓もそうでしたが、桜の密集具合、そして高々と翻る日の丸。まあまず間違いない・・・
西住戦車長

地元の方のお墓と、消防団の詰所の間、桜吹雪の公園に、西住殿が立っていました。思ったより大きい像です。周囲には戦車学校の後輩たちが寄贈した桜や、彼が尊敬していた吉田松陰の言葉(歌?)が刻まれた石碑なんかがあります。
軍人の像なんかは、戦時中に供出されたり戦後壊されたりしたものも多いなか、いまに至るも綺麗にされています。しっかりお供えの花もされていて、地元の偉人(有名人?)として根付いているようでした。

さて、御船からこの像のたつところまで、計測したらほぼ1時間。像を探したりして時間は食いましたが、自転車なら余裕で通える距離です。しかし、徒歩通学は・・・できますが、できたら避けたい距離ですね。



スポンサーサイト

鎮西のまもり

  • 2014/04/01(火) 20:26:48

菊池武光


熊本にやってきました。
熊本といえば、クマモンと熊本城。しかし今回は、その北にある菊池市は菊池城跡にいってきました。戦前の英雄・菊地一族が栄えたかつての肥後の中心地「隈府」です。
熊本駅から北上、国道に沿って走ります。九州はさすがに桜も桃も満開ですね。
途中、熊本高専の前をすぎ、山を下れば菊池市が見えました。ほとんど平地で走りやすかったです。
菊池城跡はいまは菊池神社と公園になっています。楠木正成の湊川神社みたいに南朝の忠臣として神格化されたんですね。
その城の近く、少し南側の田んぼのなか、そこだけ桜が咲き誇って島みたいになっている場所がありました。南朝初期を支えた菊池武重のお墓です。
菊池武重墓

菊池武重墓2

亀みたいな動物の像が墓石を支える、変わった形のお墓でした。武重は、父が鎌倉幕府鎮西探題攻めで玉砕してから菊池氏を率い、倒幕から南北朝の九州戦線を戦いました。有名なのが、箱根の戦いで用いた「菊池千本槍」です。刀を竹竿の先につけて足利軍を箱根山に追い上げた作戦は、日本初の槍隊戦術ともいわれました。菊池本土を守る「菊池十八外城」と並び「攻めの千本槍、守りの十八外城」と呼ばれたとか。すばらしいネーミングセンス。fateで宝具に使われそうな名前です。
近くに墓所のある、弟の菊池武光は征西将軍府を支えて北九州大宰府を攻め落とすなど大活躍。また、彼の墓所のあるお寺を拡げ、大伽藍を築いたそうです。いまや菊池氏はほろびましたが、町のあちこちに菊池の家紋があしらわれ、地元の菊池人気はなかなかのようです。北条三つ鱗紋が目につく小田原を思い出しました。
丁度この日はイベントがあり、菊池武光の像(馬を跳ばす騎馬武者。かっこいい。つよそう。)の前でマダムがカラオケ熱唱したり踊ったり、菊池イケメン武者コンテストとかいう、甲冑太刀はきのイケメンが集まったコンテストをやっていました。花見の名所でもあるようです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。