スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年度は歌の旅

  • 2014/09/23(火) 21:35:15

なんにもなかった夏が終わり、秋。涼しくなりました。今年も奈良攻めに向かいました。
今年は去年の宿題、斑鳩は法隆寺を目指します。まずはいつも通り、かつらぎから橋本、五条を経由して三在交差点へ。そこから右に曲がり吉野へ向かいます。
ここで変更。吉野川を渡り対岸へ。「咲」の聖地(?)阿知賀へ向かいました。
このあたりは奈良のサイクリング道になっているようで、自転車乗りの人何人かとすれ違いました。
吉野川に沿ってしばらく進むと、阿知賀地区の案内板がでてきました。阿知賀は本編で聖地になった吉野山とは違い、普通の集落です。小高い丘の上に古墳時代末期の小型古墳があるくらいでしょうか。ただ、思っていたより広い地域でした。
阿知賀からはまた細い橋を渡って対岸へ戻り、日本百名城・高取城の近くを抜けます。一昨年でしたか、いまくらいに登った、石垣の立派な近世山城です。
高取を抜ければ、そこは明日香村。更に橿原を経由して北上し、斑鳩に入ったのは出発から5時間くらいがたった2時頃でした。案外、橿原から斑鳩までは近かったです。斑鳩に入る陸橋から、五重塔が拝めました。そして、法隆寺へ。近くの観光案内所に自転車をおき、寺に入ります。
法隆寺といえば

柿食へば
鐘が鳴るなり
法隆寺

の、正岡子規の俳句。早速柿を食おうとしたのですが・・・

柿が売ってへんやん!!
あまりといえばあまりな仕打ち。やむ無く、五重塔を見上げ、団体観光客のガイドの話を聞きつつ廻りました。いい天気だったのは救いです。
法隆寺はかつて
「田舎のど真ん中にそれだけがドーンと建ってる、がっかり名所」とかいった人がいましたが、どうして、まわりもいい雰囲気の街並みでしたし、寺も大きく、時代を感じさせるものでした。松本城に通じるものがありました。

続いて、法隆寺から一キロほど過ぎた龍田川へ。龍田川はかつて歌人・在原業平が

ちはやふる
神代もきかず
龍田川
からくれないに
水くくるとは

と詠った川。揚げ物「龍田揚げ」の由来として、最近ではヤンデレで知られる軽巡洋艦「龍田」の名前の由来でもあります。ちなみに奈良が由来の軍艦は当然の「大和」をはじめ「龍田」「大淀」「吉野」「畝傍」なんかがあります。まあ、「畝傍」は、ね・・・
龍田川自体は岸が公園になっていて、紅葉が植えられていました。川自体は細く、紅葉が多かったら紅くなりそうな感じがしました。最後に、さきの在原業平の歌碑をみて、法隆寺駅から輪行。和歌山線の終着駅、王寺駅が案外でかかったことに驚きつつ幕となりました。

スポンサーサイト

奈良演習作戦2、不沈戦艦の守護神

  • 2013/09/23(月) 00:03:49

箸墓を離れて北上すると、織田有楽齋の菩提寺がある柳本をすぎ、本日二つ目の目的地「大和神社」に到着です。
大和神社
これ、「やまと」じゃなく「おおやまと」と読みます。最古の一宮だそうで、遣唐使も出発に際してお参りにきていたとか。夕方近くでもあり参拝者も見かけませんでしたが、明日はお祭りでにぎわうようです。

戦艦大和記念碑
そしてこの神社、あの日本海軍最大の戦艦、最近「艦これ」にも登場して敵を薙ぎはらっていた戦艦「大和」の艦内に祀られていた神社でもあります。日本海軍の艦艇は、艦内に艦名が由来する国や山の神様を祀っていたのですが、大和はここの神社の神様を分祀していました。そのため、神社には大和乗員の英霊も祀られています。
また、大和神社の参道は偶然かわざとか、大和型戦艦の全長とほぼ同じなんだそうです。呉の大和ミュージアムには大和の全長を体感できる公園がありますが、この大和神社でも同じことができそうです。
大神大鳥居
本来なら、法隆寺にいって柿を食うはずでしたが、大和神社で夕方になったので断念。代わりに大神神社で神水を頂きました。友人曰く「飲料水メーカーが脅威を覚える美味さ」だとか。三輪そうめんが特産ですが、きれいな水にも支えられてのことなんでしょうね。帰るころにはすっかり夕暮れ。参道を歩いていると、夜に参った出雲大社を思い出しました。

奈良演習作戦1、バッタと金魚

  • 2013/09/22(日) 23:53:35

今夏以来、自転車に乗っていないことに気づき、来る秋冬の自転車旅に備えて練習がてら奈良に向かいました。
九月末とはいえ暑く、かつらぎから橋本~五条間で随分日に焼けました。それでもなんとか昼過ぎには高取から明日香を抜け、大和八木へ到着。友人と合流し、まずは巻向遺跡と箸墓古墳を目指します。国道24号を北へ北へ向かっていたら行き過ぎ、あわてて反転。なんとか巻向につきました。巻向遺跡は邪馬台国の候補地とも言われていますが、確かに、古そうな平べったい古墳がありました。
まきむく遺跡2


周りにはトンボにバッタの群れ。都会人の友人はトノサマバッタにテンション上がりまくっていました。
まきむくのバッタ


そこから南に、遠目にもわかる前方後円墳が箸墓古墳でした。
箸墓古墳

近くまでいくと、陵墓扱いのため立ち入り禁止でしたが・・・前の池にはなにやら巨大な赤い生き物が。
池の主、ではなく

すわタキタローのような箸墓のヌシか、と思われましたが、なんとこれ、金魚の群れ。養殖でもしてるんでしょうか?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。