FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自衛隊と日本軍と

  • 2013/10/27(日) 19:19:41

土浦、続きます。
土浦武器学校には、陸上自衛隊歴代の主力戦車や戦闘車両が展示されています。アメリカからの払い下げだったシャーマン・イージーエイトにはじまり、ゴジラに水飴のように蹴散らされた61式戦車や74式戦車、さらに10式が投入されるまで最新型だった90式戦車まで。
三式中戦車

また、日本軍の車両では本土決戦に備えた三式中戦車チヌ、「ガルパン」では見せ場なく撃破されたあの戦車の唯一現存車両がありました。八九式に比べたらたしかにシャーマンに対抗できそうな大型砲。車庫のなかに収まっていましたが、それでも重い存在感がありました。
零戦搭載機銃

土浦武器学校は、その前身は日本海軍航空隊のパイロット養成所、予科練です。そのため、基地のあちこちに予科練の名残があります。
たとえば、今回の機甲部隊演習を自衛官の偉いさんが演習展示をみている台。実は、予科練時代に教官や校長が練習生に訓示したり体操を監督した台座なんだそうです。かつては山本五十六なんかもこの壇上にたったのでしょうか。他にも、古そうな建物がありましたが、それも予科練の残存施設。医療部門が入っていたそうです。
その横をばく進する陸自戦車部隊。自衛隊、特に陸上自衛隊は日本軍の影響を極力排除したがったといいますが、土浦ではどちらもが混ざりあっているように思えます。

スポンサーサイト

戦車のある学園生活、はじめました

  • 2013/10/06(日) 22:26:17

今日は朝から、陸上自衛隊武器学校の基地祭にいってきました。武器学校はその名の通り、自衛隊の武装や装備運用の教育機関だそうですが…旧軍の兵器や自衛隊の武器もたくさん保存している、軍事博物館な面もあります。普段は許可とらないと入れないのですが、今日は一般開放日。しかも普段ならひっこめてる装備も出してくれる、ついでに戦車の戦闘訓練も見せてくれる!!

いつ行くのか、今でしょ!!(即答)
ということで、小雨降る朝八時から基地前に並んで(まさかの一時間前から行列)、開門と同時に中に入りました。

他の人は開門ダッシュで基地の奥へ。戦車の体験乗車企画があるので、その券をもらいに行ったようです。一時間待ちの行列はそのためだったんですね。あれ、並ばなくてよかったじゃん…

そんなみなさんを尻目に、最初に目指したのは…
八九式中戦車


旧日本陸軍が初実戦投入、あの「軍神」西住戦車長も乗っていた「八九式中戦車」。『ガルパン』ではアヒルさんチームが乗っていたアレです。こいつ、実は動きます。『ガルパン』スタッフがアニメ制作当時に乗って戦車のイメージをつかんだのがこの車両だそうで。作中でもなにかと雑魚扱いの戦車でしたが、たしかに
シャーマン戦車
サンダース附属の主力だったこいつなんかに比べると可愛らしい…なんか、軽トラと中型トラックを見ているような…いや、投入時期違うんだからしょうがないですけどね。

そうこうしているうちに、基地祭開会式典がおわり、広場の奥の林から地響きのような音がしてきました。いよいよ戦車や装甲車の実戦訓練展示です。
発砲準備
映りは悪いですが、この砲はこの直後、空めがけて大音響の砲声を響かせました。
直後に対空ミサイル登載車がミサイルを回し、敵に照準をつけます。
そして真打、90式をはじめとする戦車部隊が登場…って

速ええ!!

土を跳ね飛ばしながら地響きたてて走り回ります。そして停車。マイクが付いているのか、車長の声らしいのも聞こえます。「弾種徹甲!!」
アナウンスが大きな音に注意してください、と言った直後、擬音でいうなら

だーん!!!

としか言いようのない破裂音。空気が震えました。雷のよう、と形容されますが、それとはまた違い、なにかがはじけたような轟音でした。そりゃ華さんも「しびれますわあ…」とかいいますね。

そこからも戦車破損→、回収・援護訓練、攻撃ヘリの地上制圧訓練、装甲車からの歩兵下車、突入制圧訓練など、一時間程度のプログラムがあっと言うまでした。
これがリアル戦車道か…
対地攻撃
これが対地攻撃寸前の攻撃ヘリです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。