スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想定外の最期

  • 2013/01/29(火) 21:37:31

ドイツ夜間防空戦―夜戦エースの回想 (光人社NF文庫)

「ストライクウィッチーズ」続きで。
前述の通り、姫様のモデル、ハインリーヒ・プリンツ・ツー・ザイン=ウィトゲンシュタインと、劇場版で挿入歌「ラインの護り」を歌うなど、準メインの役割を果たしたハイデマリー・シュナウファーのモデルであり、連合軍爆撃部隊から「サン・トロンの幽霊」と恐れられたヴォルフガング・シュナウファー。この二人も登場するのが、W・ヨーネンの「ドイツ夜間防空戦」です。著者のヨーネンもまた、敗色濃厚のドイツ本土防空戦のエースでした。彼を中心に、小説のような筆致で、ドイツの夜間防空戦の様子が描かれます。プリンツやシュナウファーは、ヨーネンと同じ部隊ではありませんでしたが、同僚の話や同じ基地に所属した際のエピソードが描かれています。また、彼らのその後の人生にも少し触れられています。プリンツは勇戦を続けた後、敵機に撃墜され戦死。一部では「指揮官の器ではない」といわれた彼ですが、本書では彼のことを「勇敢で模範的な飛行将校」と評価しています。シュナウファーは戦後、家業のワイン卸売をついで働いていましたが、仕事中にトラックとの自動車事故で亡くなっています。
バルクホルン夫妻といい、パットン将軍といい、この時期はえらく自動車事故死の割合が高いように思います。エーリヒ・ハルトマンがバルクホルン死後に自動車運転を控えたのも頷けますね。

追記:上記の面々以外にも、ストパンのモデルでいえばロザリー・ド・エムリコート・ド・グリュンネのモデル、ロドルフ・ド・エムリクール・ド・グリュヌもまた、自動車事故でケガしています。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

たぶん

飛行機気分で運転してしまうからじゃないか?
坂井さんも事故起こしてなかったっけ。
あ、パットンは……まあ、性格ダナ!

それにしてもプリン姫かわいいぞプリン姫!
隣は付き合わされてるグリュンネさんな。
http://www.ne.jp/asahi/humikane/e-wacs/tw/fff.jpg

  • 投稿者: おおぬき
  • 2013/02/05(火) 22:16:11
  • [編集]

Re: たぶん

ありがとうございます。
おかげさまでグリュンネさん株があがりつつあります。

  • 投稿者: とらいち
  • 2013/02/06(水) 20:19:04
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。