スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

店員さんが、紙袋でなくトートバックをくれました

  • 2013/02/18(月) 20:14:46

久し振りのデカイ買い物です。

信濃の山城と館1 佐久編 縄張図・断面図・鳥瞰図で見る

長野は佐久平の山城跡を踏査した筆者のイラストつき中世城郭調査ノート。以前、佐久にいった時に見た伴野氏館跡をはじめ、山城から見張り陣地跡まで、地元ゆかり(なんでしょう、多分)の中世山城や武士の館跡が描かれています。大部な本ですし、本文手書き(!)ですが字も絵もきれいなので、見ていても飽きません。なかのコラムも面白いです。山城歩きの最中に野生動物に会うくだりなんかは、人ごとでねぇ…

しかし、こういうの見ていて思いますけど、他に仕事があってもこれだけの成果を出せる郷土史家、在野史家ってのはすごいですね。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

郷土史家はすごいよね。

> 山城歩きの最中に野生動物に会うくだり

多分、楽しくて仕方がないんだろうな。
だから、手書きでも時間がかかっても頑張れるんだろうね。
このくだりが、何となくそんなことを想像させたよ。

ぜひ、自分でもまとめてみるのはどうだい?

  • 投稿者: おおぬき
  • 2013/02/23(土) 23:25:45
  • [編集]

Re: タイトルなし

私もかつて、小谷城で正体不明の動物におっかけられました。
その時の友人の、リアルシャーリーともいうべき逃げっぷりはいまだに鮮明です。

> ぜひ、自分でもまとめてみるのはどうだい?

やってみたいですね、すごく。
で、なにをするかでいつも詰まることになるのです。

  • 投稿者: とらいち
  • 2013/02/24(日) 21:05:24
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。