FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパニーズ&パンツァー

  • 2013/02/28(木) 22:31:39

放送延期になっていた、『ガールズ&パンツァー』最終二回が来月いよいよ放送になりますね。最近では、ガルパン効果で戦車模型が前代未聞の勢いで売れているとか(特に四号戦車は品薄)、なんて時代だ。

それにあわせた訳ではない(こともない)んですが、戦車のおはなしを二つほど読みました。
日本戦車開発物語―陸軍兵器テクノロジーの戦い (光人社NF文庫)

激闘戦車戦―鋼鉄のエース列伝 (光人社NF文庫)

前者は日本軍が第一次世界大戦ののち、「戦車とかいう新兵器やべぇよ・・・やべぇよ・・・」となって、ナウな軍部に馬鹿ウケしてた、戦車研究開発をはじめてから、太平洋戦争まで戦車開発部門で活躍した原乙未生陸軍中将の伝記。技術面からみた日本軍戦車部隊の発展と滅亡の物語です。二冊めは、実際に戦車を率いた部隊長たちの物語です。満州での初陣から長城突破戦、日中戦争での活躍をへて太平洋戦争で壊滅するまでの戦車エースの戦記。著者によれば、この二冊は製造者と運用者両面について述べた姉妹編なんだそうです。

しかし前者の主人公・原さんは、優秀な技術将校なんですが、どうも間が悪い人のようで。


ヨーロッパに派遣されて、あっちでナウい戦車運用勉強してきたで!これレポートな!!
⇒日本到着直前に二・二六勃発。レポート放置される。

今のままでは陸軍はアカン。ドイツの電撃戦や国防軍の現況を調べてきたで、これレポートや!!報告会もあるで!
⇒対ソ連作戦、バルバロッサ発動。関東軍特殊演習(事実上の対ソ連開戦準備)開始。報告、スルーされる。

間が悪いっていうか。不運。これらの報告がしっかり受け入れられていたら、陸軍の機械化軍備も改良されたかもしれないそうで、いろいろ取り返しのつかない不運だったかもしれません。例えば、「装甲へこんじゃう」とか言われるチハタンの不遇もいくらか改善された・・・かな?

また、後者にはガルパンの主人公・西住殿のモデル、「軍神」西住小次郎戦車長も登場します。日中戦争で活躍し、戦死後は歌にもなり、胸像も作られました。

その歌「西住戦車長」に疑問を覚える歌詞があります。

上海はるか南京に
進む戦闘三十四度
足も戦車も傷つけど・・・
(軍神西住戦車長(昭和十四年発表))

戦車に乗ってるのに、なんでケガすんだ?対戦車砲や手榴弾で撃破されたなら、戦車ともども生きてられないんじゃ・・・てっきり歌詞は美文のための文飾だと考えとったんですが。
その答がここにありました。

当時の戦車は、現在の戦車のように気密性はよくない。窓の隙間などから、砕けた弾丸の破片が飛び込むのである。・・・中略・・・このため、西住は、この戦闘間(羅店鎮の戦い)だけで、五十余ヵ所のキズをうけている。
(豪勇・西住戦車隊長、PP74)


なんというリアル鋼鉄の棺桶。飛行機でも潜水艦でも、初期型なんてのはどこもこんなもんなんでしょうが・・・

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。