スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊予見聞記2-伊予の諸城-

  • 2013/03/31(日) 21:23:04

伊予見聞記、今回は登城した松山城、湯築城、大洲城、今治城についてです。
6.jpg

早朝から起きだし、松山城を目指します。東雲神社下から、ウォーキングの皆さんに混じって登山。平山城という割には高い山の上にあるようです。山頂では、人も少なく、静かな松山城を堪能できました。桜と朝靄のなかに聳える松山城とは佳いものをみました。

7.jpg

帰ってから、自転車を組んで松山第二の城跡、道後の湯築城跡へ。中世伊予の支配者、河野家の居城でした。こちらはうってかわって土盛の円形平城。再現区画などみていると、越前一乗谷を思い出します。それでも二重に巡らされた濠、小高い中央部に登れば松山城をはじめ、松山市街を望めましたから、それなりの防御力もありそうです。
8.jpg

三つ目は、自転車で松山から走り抜いた先にあった大洲城。肘川のほとりに建つ平城です。かつては宇都宮家(栃木県宇都宮城を治めた一族と同族)の居城だった大洲城は、藤堂高虎、脇坂安治(大洲市の市マークは脇坂家の家紋を意識しているとか)の改装を経て黒塗り四層の天守閣を持ちました。同じ黒塗り天守閣でも、近づいてみると松本城なんかに比べてピカピカの新しさがあります。実はこの天守閣、昔の模型や図面を頼りに、平成16年に完成したばかりのものでした。天守内には天守閣建造の様子を描いたジオラマもありましたが、なんとそのジオラマのフィギュア、天守再建に関わった人々をモデルにしているそうです。
9.jpg

現在進行形で地域に根差した城ですね。


よく、日本海軍の艦艇はその艦橋部が天守閣に例えられます。「軍艦マーチ」にいう「浮かべる城ぞ頼みなる」とは、そんな連想から来たのかもしれません。なかでも、松山城や島根の松江城は写真にみる「高雄」型巡洋艦艦橋を連想させます。
10.jpg

一方、今回最後にみた今治城。映像や写真で見たときはなんとヒョロイ天守閣かと思いましたが、いざ実物の存在感たるや。「長門」型や「金剛」型戦艦の艦橋を思い起こさせます。今治城を今の姿にしたのは藤堂高虎。城門付近の防御を重視する城郭設計の名手とのことですが、最近再建されて新築の木の匂いがする「鉄門」上の矢倉に入ってみると納得できました。
11.jpg
鉄門の下の空間を三方から囲むように矢倉が組まれており、鉄門に突撃したら三方から矢玉を雨あられと喰らう仕組み。また鉄門の門扉には逆三角形のすきまが空いていて、槍を突っ込むと上にはねあげられてしまうとかいう仕組み付き。海城という特徴も相まって、正に戦闘艦のような城でした。
以上、四つが今回訪ねた城郭。宇和島城は紫電改を見に行ったらいけずじまいでした。外からは見られたんですが…宇和島駅を降りた時の海苔らしき匂いとともに印象に残っています。

また、いずれの城も、桜が多く植わっており、華やかな印象を受けました。やはり、公園化された城はどことも桜を植えるもののようですね。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。