スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北陸の雄藩

  • 2013/07/24(水) 21:40:25

日本一の大大名と将軍さま

北陸に栄えた大大名、加賀藩百万石の前田家。本書は、内助の功で有名な前田利家夫婦のあと、加賀藩が関ヶ原から江戸幕府確立時期をどう乗り切ったのかを描いています。
前田家といえば、前田利家か「華の慶次」前田利益が二枚看板ですが、本書の主人公は利家の長男、前田利長。地味なうえに関ヶ原前後のパッとしない行動(母親のまつをあっさり家康の人質に出したり、丹羽長重と小競り合いして負けたり)から、評価はあまり高くない人です。本書でも戦国大名としては・・・な感じですが、江戸時代の大名として、加賀百万石を守ろうと奮闘する様が描かれます。
例えば、利長は後継者が年少すぎるので、家臣を纏められず内紛にならないかを心配した遺言を残しています。これなどは、他の大名家が「若年後継者の指導力不足」を理由にとり潰されていた時期には大きな心配だったでしょう。
事実、あの伊達政宗の母方の実家、「羽州の狐」最上義光を輩出した名門最上家は、義光の死後、後継者が家臣対立を押さえきれずに内紛を起こし、とり潰されました。加賀藩もまた、その危機がないわけではなかったのです。

それでも、本書は「幕府は加賀藩を潰すため策略を巡らしたが、加賀はそれをことごとに弾き返した」という説に疑問符をつけます。むしろ、「幕府は加賀に気を使い、婚姻を結ぶなどして仲良くしようと心がけていた」ほうが正確であると。実際、なかで描かれる将軍と加賀藩主の婚姻や、藩主と将軍の姫(水戸徳川からの養女)の間に子供が産まれたときの幕府の喜び具合、藩主就任とほぼ同時の中将任官許可(伊達・島津が長年藩主を務めてやっとえられる位階だとか)をみてると、たとえ潰したいのが本音だったとしても、その本音は表に出せないくらいには、加賀藩に遠慮しているように見えます。

敵視か融和か。どっちにしろ、加賀百万石は幕府にとってかなり「重たい」存在ではあったようですね。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。