スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再びの「青の一番」

  • 2013/11/17(日) 19:37:03

空戦 (文庫版航空戦史シリーズ (11))

以前「撃墜王」で書いた、フランスの撃墜王ピエール・クロステルマンの著書その2。今回のは自身が経験した以外の第二次世界大戦の航空戦について書かれています。日本軍やアメリカ軍、ドイツ軍、そして自由フランス空軍の戦いが登場します。発刊当時(1951年。なかでは朝鮮戦争が現在進行形として登場します)はフランスで多いに売れたベストセラーだったとか。それも、あまり有名ではない戦い(開戦直後のフィリピンの戦い、ワルシャワ蜂起を助ける航空作戦など)が取り上げられています。また、前作と同じく抒情的な物語調の文章は健在で、とても読みやすいです。
今作の白眉は、やはり彼の同僚ともいえる自由フランス空軍の戦いだと思います。なかでもマックス・ゲジの戦いはすさまじかった。対空兵装でハリネズミとなったドイツ艦船にロケット弾をたたきつけ、被弾後も撤退できるところを再度突入して敢闘の末戦死するまでのくだりは熱の入った筆致で読まされました。その背後には、クロステルマンが持っていた戦中戦後の連合軍上層部…特にフランス軍の上層部に対する怒りがあったようです。ワルシャワで蜂起したパルチザンを見殺しにし、戦った自由フランス空軍のパイロットに報いなかった彼らに対する感情がここまでのものを書かせたのだと思います。
なお、クロステルマンというとあのもっさん大好きペリーヌさん。日本軍に関する記述もあったので、坂井三郎に関する記述はないか、とみましたが…ないんだな、これが。ただ、山本五十六に関する評価はとても高く、ソロモンの戦いでは彼の作戦により米軍は質量で勝ちながら煮え湯を飲まされた…と、なんか過大評価とも思える記述がありました。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。