スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょうちょトンボも鳥のうち…だった

  • 2013/12/30(月) 19:02:06

太平洋戦争のロジスティクス

軍隊を支えた、実戦部隊の背後にある補給について書かれたものです。通説「日本軍は補給を軽視したため大敗した」のは事実なのか。日本軍の補給制度やそれを支えた経理部の人材育成、更に運送を行う機材(トラック、戦時標準船、輸送機など)の解説と、それらが機能した実戦について述べることで、通説を検証していきます。兵器開発や用兵にもいえるんでしょうが、制度完備の具合を見ていると日本軍は決して無策ではなかった(大量生産に向かない戦時標準船のバリエーションの多さは置いといて・・・)が、太平洋戦争の規模や発展がはるかに上回っていて、追い付けなかったというのが実情のようです。また、パイロットや技術者の層の薄さに加え、有能な経理将校の不足が、戦争後半期の補給破綻に繋がったこともあったようで。「書類の戦争」は決してバカにはできなかったようです。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。