スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震加藤になれなかった男

  • 2015/01/01(木) 14:35:06

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

さて、正月からする話題ではありませんが、今年は阪神大震災から20年、そして危機せまる南海大地震もますます発生の可能性が高まる、天災の備えが大事な年になりそうです。それにあわせて、こんな話があります。

朝鮮出兵の際、石田三成と対立して伏見で蟄居処分を食らった加藤清正。そんなある日、伏見で大地震が起こり、太閤秀吉の伏見城が倒壊する。清正は蟄居中であるにもかかわらず、手勢を率いて秀吉のもとに駆け付けた。
「虎之助(清正)、蟄居の身でありながらわが身を案じての働き、真あっぱれじゃ!」
秀吉は喜び、清正に自身の姓「豊臣」を与えた。世間の人は彼の忠義をたたえ、「地震加藤」と呼んだ―

いい話ですね。ですが、こっちはどうでしょうか…

江戸時代初期、江戸で火災が起こった。下野唐沢山城城主、佐野房綱は早馬を出して、江戸に将軍の無事をうかがう使いを出した
家康「佐野殿、そなた、えらく使いが早かったのう。」
房綱「はは、我が唐沢山城からは江戸の市中が遠望できますゆえ、危急の折にはすぐ駆け付けられます」
家康「なに、うぬは将軍家の首府たる江戸を見下ろしておるのか、けしからん!」
佐野家は家康の不興を買い、北条、上杉をも弾き返した堅城・唐沢山を廃城させられた―

ほぼ、おんなじことをしているのに、この扱いの違い。佐野氏は北関東の名門であり、どっちかというと豊臣恩顧の外様であったこともあるんでしょうが。
さて、この唐沢山城、現在の栃木県佐野市に跡地があります。はたして、ここから本当に東京は見えるんでしょうか。明日から確かめにいきたいと思います。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。