スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活、関東五大城

  • 2015/03/14(土) 10:20:47

今回の旅のゴールは、下野の要地・宇都宮をおさえる宇都宮城。鎌倉以来の名族だった宇都宮一族の居城であり、北関東の押さえだった城です。豊臣秀吉が関東の北条をほろぼしたあと、関東の大名たちを賞罰した「宇都宮仕置」の舞台にもなりました。
その後、本来の領主の宇都宮国綱も秀吉に追放され、宇都宮氏は滅亡。宇都宮城は以後もなんどか城主がかわります。
そんな宇都宮城が名を売る(?)のは、江戸のはじめにおきた「宇都宮釣天井事件」でした。当時の城主・本多正純が、自分をうとんじる将軍・徳川秀忠を抹殺するため、秀忠の泊まる部屋に釣天井(天井が縄でつり上げられており、縄を切ると天井が落っこちてきて部屋にいる人間をプチッとするしかけ)を作ったというもの。正純は改易のうえ追放されました。
ただ、釣天井はその後発見されず、正純が先代・家康のお気に入りだった本多正信の息子だったので、幕府から家康臭を消したい秀忠派に嵌められたんじゃないか、といわれています。
以後も北関東の大城郭だった宇都宮城ですが、戦災によってほとんどの施設が焼かれてしまいました。

太平洋戦争ではありません。幕末の戊辰戦争です。宇都宮城は幕府軍の生き残りや、近藤勇と別れた土方歳三ら新撰組に猛攻されて陥落。続いて奪還作戦をしかけた政府軍の攻撃をうけて再落城。この争乱で城は荒れ果て、さらに松本城すら解体、売却されかけた明治時代には完全に放置されて荒れるにまかされました。戦後の宅地開発で土塁なんかもずいぶん壊されたそうです。
そんな宇都宮城も、復活の日がやってきます。戦後の宅地開発も一段落してから、宇都宮城復元活動がはじまり、いまはお濠と櫓が再建されました。旅のスタートになった、前橋城(厩橋城。滝川一益もいた、関東五大城のひとつ)は群馬県庁舎になって土塁の一部しか残っていないのに比べれば、かなり復活しています。宇都宮城到着は夜になりましたが、残雪のなか櫓がライトアップされていてなかなかきれいでした。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。