FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1ねんぶり・・・

  • 2016/05/15(日) 22:37:53

ほっといたら、いつのまにやら一年が経過していました(遠い目)

さて、きっかり昨年の文から一年後になります明日・・・というか今日の深夜は、ペナン沖で重巡洋艦「羽黒」が撃沈され、第五戦隊が実質解体した日になります。あのころ艦これで旗艦だった「羽黒」は改二になり、いまも旗艦をはっています。
一年前に入手した艦娘の「川内」も改二になり、いまのイベントで大活躍しています。

で、今回、一年前・・・より前から調べていた、「川内」「羽黒」に縁のある海軍提督・橋本信太郎中将についての事績記事が概ね纏まったので、せっかくだからここで一部ずつ公開していこうと思います。

以前にも書きましたが、橋本中将は戦前・戦中の評価はかなり高く、戦前の軍人月旦評『軍人わしが国さ』では「水雷戦の権威」とかかれています。また、うるさ型で「黄金仮面」とまでいわれて愛想のなかった宇垣纏中将に「不平不満なき人士は見上げたるもの」とまで言わしめた寡黙実行の将でした。

しかし、戦争末期にペナン沖で戦死したこと、華々しい戦果とは無縁の人物だったこと、なにより寡黙である意味そつのない人物だった事などから、戦後は忘れられ、独立した評伝も『水交』昭和57年12月号の吉田重厚氏のものが唯一と思われます。また、この吉田氏の文章もガダルカナル「鼠輸送」から撤退作戦指揮の時期に重点がおかれ、それまでの橋本中将については簡単に触れられる程度でした。
そこで今回は、橋本中将の生誕からその最期までを概観してみようと思った次第です。もっとも、前記の通り寡黙実行の人物だった橋本中将には回想録もなく、本人の言葉というものが余りみつかりませんでした。結果として、戦後の記録や同じ艦船、戦場で生き残った人の証言、当時の戦闘詳報などからかれの人生を文字通り「なぞって」みた程度のものとなりました。
もとより誤り不備は多くあるかと思いますが、ご笑覧いただければ幸いです。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。